美容コラム

★健康&美容に悪い食べ方とその影響★

レッスンやセミナーなどで、食生活をよく伺うのですが、
スイーツなどで1日の必要なエネルギーを満たしていて、十分に栄養を摂取できていないケースが多々見受けられます。

将来の不妊に繋がったり、早く老けてしまったり、身体に悪影響が出たり…
食べるもので自分の身体が作られると強く認識して頂きたいので、

以下、だめな食べ方とその影響について簡単に記載しましたあせる
細かな説明は今回は省きます!!

1.主食(ごはん)抜き
ご飯やパンなど全く食べないと逆に痩せにくくなります。
もし減らしたいなら、夜飯の白ご飯を少し減らしましょう。

2.タンパク質抜き
お昼にパスタだけ、おうどん・おそばだけなど単品料理だけでは炭水化物や脂質に偏ります。
免疫力低下や肌荒れなどを招きます。

3.野菜不足
外食が多い方、生野菜ばかり食べる方は、1日に必要な野菜の量が足りてません。
慢性的な体調不良や疲労、便秘の原因になります。

4.1日2食
まとめて2食食べる方や間食が多い方は血糖値が不安定になり、余計な脂肪がつきます。

5.嗜好品が多い
スイーツやお酒などからは、エネルギー以外の栄養素はほとんど摂取できないです。
お酒はほどほどに。
スイーツは、月経前1週間はNG、それ以外は16時頃までに食べましょう。

6.早食い、よく噛まない
食べ過ぎの原因になったり、胃や腸に長く残留することで脂肪になったり消化不良を起こします。

 

痩せ願望の方!

いっぱい食べて、その分運動をしましょう。

将来生まれてくる子供のためにも、自分の身体を労わりましょう!

自分が食べたもので自分の身体が作られ、その身体から、愛する子供が生まれてきます。

 

 






このページのトップへ