美容コラム

★錆びない身体のつくり方★

女性ホルモンバランスが崩れる食生活の一つ。

「活性酸素を含む食材」

活性酸素を含むものとは、簡単にいうと油であげたものです。 唐揚げ、天ぷら、ポテトフライ…

美味しいのですが、油であげたものは、酸素に触れると酸化します。

老化というのは、つまり臓器が酸化することを指すので、 わざわざ老化を促すものを入れたくはありませんよね。

活性酸素は、他にタバコやストレス、洗剤や薬なども原因になります。 活性酸素の影響を簡単に説明します。

活性酸素を体内に入れると、体内の細胞を錆びつかせます。 そして血管などをもろくさせます。

もろくなると、動脈硬化が起こりやすくなります。

また活性酸素によって遺伝子が傷つけられ、生活習慣病の原因になると考えられています。
血管内も、活性酸素によってさびついたコレステロールが異物とみなされて、白血球のマクロファージに処理されますが、
この状態が続くと変性したマクロファージが血管壁にたまり、血管内が狭くなって動脈硬化になる可能性もあります…。

細胞を酸化させないためには、 活性酸素の発生を防止・除去することが大切です。

そこで、抗酸化作用のある食材をご紹介します!!

◆抗酸化作用が期待できる成分と主な食材

①ビタミンC →ブロッコリー、ピーマン、

②ビタミンE →サーモン、アーモンド

③β-カロテン →人参、かぼちゃ

④フィトケミカル →トマト、まいたけ、玉ねぎ、生姜

主なものを挙げてみました。 こうやってみると、 少し寒くなってきたこの季節にぴったりの、シチューなんかがいいんじゃないでしょうか?
このとき、ナトリウムが多いルーは、できるだけ使わないようにしましょう。






このページのトップへ