美容コラム

「子宮内膜症」ピルから離れる習慣

ある生徒様のお話です。

24歳のときに子宮内膜症になられ、それ以来ピルを29歳になるまで飲み続け、
3ヶ月に1度は病院に通っていらっしゃる生徒さんがいらっしゃります。

その生徒様に、以前レッスン時にピルを辞めて頂き(もちろん医師の判断も仰いだ上)、
運動・休養・食事の個人レッスンを通して自律神経を整えることに注力頂きました。

ピルを辞めて5回目の生理の今日。 婦人科で検診を受けて頂いたところ、

卵巣嚢腫が無くなり、綺麗な状態となったとのことです!
そして、生理痛も今ではほとんど無くなり、少し腰回りが重くなるくらいだとのこと。

ものすごく、嬉しいご報告です。

これもそれも、きちんと習慣として続けてくださった、生徒様の努力の結果ですね!

皆様。
痛いからといって、
ピルや痛み止めを使用されている方はいらっしゃいませんか?
原因は、ご自身の習慣にあることが少なくありません。

原因を取り除いてこそ、健康的な身体を手に入れられます。

 

Fluraでは、ボディメイクはもちろんのこと、自律神経・ホルモンバランスが整った習慣を作ることに重きを置いています。

お悩み事がございましたら、ぜひお問い合わせくださいませ。






このページのトップへ