美容コラム

【出勤前の寒さ対策】ヒップアップも叶う!熱を作る3つの「アニマルエクサ」

20160210kobayashi4

立春が過ぎ、少し寒さは和らいできましたね。とはいえ、まだ10度を下回る日もあるわけで、寒空の下体を縮めて通勤する方も多いことでしょう。

そこで今回は、出勤前に玄関で行う、体を温めるエクササイズナイトケアアドバイザー・パーソナルボディトレーナーの小林麻利子がご紹介します。

 

最低体温・血圧を後ろにずらさない

運動の前にまずは、最低体温時間を後ろにずらさないよう気を付けましょう。特に長期間の休日などで、いつもの起床就寝時間より3時間以上遅く過ごすことで、体温や血圧の最も低くなる時間が後ろにずれてしまいます。

すると、休み明けにいつもの起床時間に戻すと、体温や血圧はすぐにいつもの時間の状態には戻らないため、休日仕様の低い状態で起床することになります。そうなると、寒さを感じやすくなるだけでなく、朝からだるかったり食欲がなかったり、排便がなかったりと不調に繋がりやすくなるのです。

そのため、運動や食事で体温を上げる対策を行う前に、体内時計がずれないよう気を付ける必要がありますね。

 

出勤前の運動

それでは早速、出勤前の運動を行ってみましょう!朝はまだ昼間より体温血圧は低い状態ですので、無理はされずにできる範囲で行ってみてください。

マントヒヒの足踏みエクサ

大きな筋肉を動かして熱を作ります。マントヒヒが体をひねりながら足踏みしている様子をイメージして行ってみましょう。

(1)骨盤幅に脚を広げ、手は腰に添えて立ちます。

(2)腰がそらないように気を付けながらお尻を斜め後ろに下ろします。お尻やお腹にきゅっと力を入れながら行ってみましょう。膝とつま先の向きは真正面にし、膝がつま先より前に出ないよう気を付けて。

20160210kobayashi1

(3)右脚を左脚の真後ろに移動させます。このとき、それぞれの膝はつま先と同じ方向を向けておきます。

20160210kobayashi3

(4)②に戻ります。

(5)次に左脚を右脚の真後ろに移動させます。体幹の力は必ず抜けないよう気を付けながら行いましょう。2秒ずつテンポよく10回繰り返しましょう。

20160210kobayashi2

 

オランウータンの肩回しエクサ

寒さで凝り固まりやすい肩甲骨回りを動かしましょう!手の長いオランウータンが肩回ししている様子をイメージして行ってみましょう。

(1)しっかり胸を張ってお腹に力を入れて立ちます。鎖骨と肩の間に両手を添えましょう。

20160210kobayashi4

(2)大きく肩甲骨を後ろに寄せながら肘を後ろに回します。

20160210kobayashi5

(3)肘を天井高く持ち上げます。

20160210kobayashi6

(4)肘同士をくっつけます。反対回しも同様に行いましょう。5回ずつゆっくり繰り返します。

20160210kobayashi7

 

馬の足タッチエクサ

太ももの裏側のハムストリングスや体幹の筋肉を動かします。長い手足を持つ馬をイメージしてリズミカルに行ってみましょう。

(1)軽く脚を広げておき、つま先と膝の向きは常に真正面にしておきます。

20160210kobayashi8

(2)右脚をつま先を立てて前に出し、左手でタッチします。できる限り膝は曲げずに行いましょう。

20160210kobayashi10

(3)次に反対側も同様に行います。体幹には力を入れて、体がぶれないよう気を付けましょう。テンポよく30回繰り返しましょう。

20160210kobayashi9

今回は朝の運動でしたが、運動を本格的に行うのは最も効率が良い、体温や血圧が高い昼過ぎ~夕方。運動により体温がしっかり上がると、夜寝る前の体温低下の傾斜を大きくすることができるため、夜の眠りをスムーズに促します。ボディメイク目的も兼ねて、ぜひ運動の習慣化を目指して頑張ってくださいね。(Flura代表 小林麻利子

HP メニュー

 






このページのトップへ