食育・嗜好品コントロール

コース序盤に、食生活の授業を行い、栄養バランスのよい食事の摂り方をしっかりと学んで頂きます。その後、1日に実際に消費したエネルギー量を出していただき、野菜は何g、白米は何gなどと食材別の量をご指導します。

また、生徒様の環境や調理スキルに合わせ、献立や調味料、調理方法なども合わせて教育します。卵やささみを多く摂取、また炭水化物、お菓子類は断絶、など、無茶な食事指導や理想をただ押し付けることは一切行いません。

※Fluraでは、厚生労働省や糖尿病学会が提示している食生活に従い指導しています。

食育

 

嗜好品のコントロール

甘いもの、辛いものなど嗜好品をつい食べたくなるのは、血糖値が急激にあがるものを毎日少量でも食べていたり、ご自身に必要な食物ではなく、嗜好品でエネルギー摂取をされていたりと、栄養バランスのとれた食生活をされていないことが多数多くあります。

嗜好品に手を伸ばしたくなるのは、脳のコントロールをご自身ができていないからです。そのため、嗜好品摂取のコントロール方法をしっかり指導致します。

■■■体験キャンペーン実施中!■■■

 ⇒⇒⇒いまスグ、予約する!

 

調理法

もしお料理がお得意ではない方は、簡単な調理方法も踏まえてお伝え致します。 お仕事が忙しくて外食に頼ってしまう方は、その中でも生徒様ご自身で出来る範囲の食事をアドバイスします。

難しいことを考えすぎると、楽しいはずの食事が窮屈なものとなってしまいます。 生徒様に合わせた食生活をご提案し、栄養の知識がなくてもご自身で食事の献立を考えられるような教育を行って参ります。


このページのトップへ