美容コラム

【快眠】自分史上最高のまくらの選び方と「最新まくら」

hotel

皆さんは、毎日どんな枕を使用してお休みしていますか? まくらは、寝具と体の隙間を埋めるための大切なツールですが、サイズが合っていなかったりフィット感が無ければ、睡眠の質を悪くする原因にもなることも。

快眠を手に入れるには、生活習慣や入浴、環境、食と同じくらい寝具を整えることが大切です。今回は、まくらの選び方と、最新まくらのご紹介を、Flura代表・ナイトケアアドバイザー・パーソナルボディトレーナーの小林麻利子がご紹介します。

 

まくらの選び方

頚椎の弯曲に合った、ちょうどいい高さ

まずは、首の頚椎、背中の胸椎や腰椎がきれいなS字弯曲を保つことができているか確認することが大切です。仰向けになったときに、枕をしていることを感じない状況が理想です。

女性は頚椎の弯曲が浅いので、低めがおすすめ。まくらが高すぎると、後頭部が上がりすぎて寝にくいだけでなく、首元にシワがいく原因にもなりかねません。高すぎず低すぎない、骨格に合ったまくらを使用するようにしましょう。

寝がえりのしやすさ

一晩に10回~30回ほど繰り返す、寝がえり。そのため、頭3個分の横幅が必要となり、目安は幅は60㎝以上、奥行き40㎝以上と覚えておきましょう。

また、横寝をした用にまくらのサイドには肩分の高さがあることが望ましいです。肩がつぶれて肩こりの原因にならないよう、仰向けだけでなく横向けにも最適なまくらを選ぶ必要がありますね。寝がえりのときに頭が横にずれてしまわないほどの重さのまくらを選ぶことも大切です。

ちょうどよい硬さ

枕が柔らかすぎると頭が沈みすぎて頚椎に悪影響が及びやすくなりますし、硬すぎるのも枕との接触面積が少なくなるので首の不安定化になることも。

まくらに頭が20%ほど沈むほどの硬さが適当とされているので、店頭で直接確認しながら選ぶとよいでしょう。

 

ソフィットピロー

今回ご紹介する枕は、2015年11月に発売された、ロフテー株式会社の「ソフィットピロー」。女性の頚椎の湾曲は男性に比べて浅い方が多いので、低い枕が好まれる傾向にありますが、こちらのソフィットピローはそんな女性におすすめの枕です。

soft

特徴

・高さS、SSの2段階。薄いのに底つき感がない。

・寝がえりが楽にうてるように首元は緩やかなカーブ。

・両サイドの厚みが横向き寝をしっかりサポート。

・まくらの上下の長さが違うため、首(頸部)の長さに合わせて使用可能。

細くて高身長の女性にフィット

ロフテー株式会社の調べによると、日本人の体格は、ここ10数年で変化をしており、女性については25歳以上のどの年代についても身長は高くなっているにも関わらず、一部の年代を除き体格的に細くなっています。

今までどんな枕を使っても高くて合わないなと感じていた方にはお勧めの商品ですね。

ソフィットピロー

高さ:S、SS

サイズ:40㎝×60㎝

価格:18000円(税別)~

http://www.lofty.co.jp/special_2015/sofit/

 

3D低反発ウレタンフォーム

ロフテーから同年11月に発売されたのが、「3D低反発ウレタンフォーム」。より寝がえりをしやすい加工が施されている商品です。

uretan

特徴

・寝返りしやすいなだらかなカーブがサイドに広がる。

・包み込むような食パンのような柔らかさを持つ上層と、頸部をしっかりささえる頸部支持構造の下層の二層構造。

・横幅ワイド設計

寝がえりを一番に考えた逸品

寝がえりは、体温を調節したり、寝床内(体と寝具の間の環境)の湿度温度の調節、睡眠段階の移行スイッチ、筋肉の緊張や疲れ解消、目覚めをよくする等様々な役割があります。この商品は、緩やかにサイドに盛り上がり、横幅が拡大されているので、スムーズな寝返しを促すものです。

3D低反発ウレタンフォーム

高さ:1~5号

サイズ:30㎝×60㎝

価格:18000円(税別)~

http://www.lofty.co.jp/special_2015/3d/

いかがでしたでしょうか? ぜひ店頭で実際に試した上でご自身に最適な枕を選んでくださいね!






このページのトップへ