美容コラム

【シミやくすみ】目のクマで判断!「睡眠の質低下が原因の肌荒れ」チェック

kuma

肌荒れの原因は様々。『Flura美容コラム』過去記事の「【美肌×睡眠】睡眠不足が肌荒れに繋がる「本当の理由」」では、睡眠不足が肌荒れに繋がる理論をご紹介しましたが、何を試しても肌トラブルが改善できなかった方は、「睡眠の質が低下」している可能性があります。

そこで今回は、皆さんの肌荒れの原因が、「睡眠の質の低下」によるものかを判断できる、簡単チェック方法をFlura代表、ナイトケアアドバイザー・パーソナルボディトレーナーの小林麻利子をご紹介します。

 

肌荒れチェック

「睡眠の質の低下」からくる肌荒れかをチェックする方法は、起床時に行う「目の下のクマの確認」です。ぜひ、日の当たる場所で鏡でご自身の目の下のクマを確認してみてください。

目の下にクマがあれば、一度や二度「睡眠不足?」と言われたことがある方も多いのではないでしょうか。でもなぜ、目の下のクマ=寝不足となるのでしょう? そしてなぜ、目の下のクマがあれば睡眠の質低下による肌荒れであると判断できるのでしょうか?

 

目の下のクマ=寝不足の理由

目の下は皮膚の血行不良が一番わかる部位

目の周りの皮膚はとても薄く0.5~0.6mm。そのため、血液の色が透けて色づいて見えるようになっています。

しかし皮膚表面の血行が悪くなると、うっ血状態になり、ヘモグロビンやミオグロビンなどの色素が濃くなった結果、目の下のクマとなって表れるのです。目の下のクマは、皮膚が薄いためそのように見えているだけで、顔全体、ひいては体全体(体表面)の血行が悪くなっていることが考えられます。

睡眠の質低下は、皮膚の血行不良に繋がる

では、睡眠の質低下がなぜ血行不良に繋がると判断できるのでしょうか。

実は、深い徐波睡眠時には、発汗を伴うことから皮膚表面の毛細血管の平滑筋の交感神経系は低下して血流が良くなっている状態です。そのため、起床時に目の下の薄い皮膚がうっ血した色になっているのであれば、睡眠中に徐波睡眠が出現していなかった可能性があるからです。

どんな方でも深い睡眠が得られてると思ったら大間違い!長く寝ていればよいということではないのです。

寝る前にリラックスできていない可能性も

また、寝る前は通常赤ちゃんのように手足が温かくなるのに対し、寝る前になっても冷えている方は、平滑筋の交感神経系が優位になっている可能性があります。

深い睡眠を得るには、表面体温ではなく、深部体温が下がらなければいけませんが、皮膚表面の血行が悪ければ放熱して深部体温を下げることができないため、余計に睡眠の質を悪くしてしまいます。

平滑筋の交感神経系が優位になっている方は、湯舟にゆっくり浸かったり、携帯電話やTVなどの電子機器から離れてリラックスしてからお休みしてみてください。

 

血行不良が肌荒れに繋がる理由

目の下にクマがあれば、体全体が血行不良だと判断でき、それは睡眠の質の低下や寝る前のリラックス不足であると先ほどお伝えしました。では、血行不良がなぜ肌荒れに繋がるのでしょうか?

実は、肌の血行が悪くなれば、成長ホルモンや女性ホルモンなどの内分泌系や、肌の新陳代謝に必要な数々の栄養素が運ばれにくくなります。その結果、ターンオーバーが長くなり、剥がれ落ちずに角質が分厚くなり、肌のごわつきや毛穴の開き、シミや吹き出物といった肌荒れを引き起こしてしまうのです。

そのため、目の下にクマがある=皮膚の血行が悪い=睡眠の質が悪い⇒肌荒れと繋がるのです。

 

質の高い睡眠が何よりも美容液

美肌を作るためには、高い化粧品より「質の高い睡眠」。ただ長く寝ていればよいとうことではなく、睡眠中にいかに徐波睡眠を出現させるかにあります。

よい睡眠をとれていれば、内分泌系、自律神経系、免疫系が整い、血液循環が良くなるので、睡眠中の肌細胞の再生・修復が盛んにおこなわれるようになります。

質の高い睡眠を得るためにはまず、『Flura美容コラム』過去記事「時間設定するだけ!「逆算美容」で快眠と不調の予防策」で、就寝時刻と起床時刻、入浴時刻、食事時刻を定めることです。そして、「【避難生活の睡眠】お金や物は不要。「良い睡眠」を得る方法」 は、熊本の被災されている方がよい睡眠を得るためにと執筆した記事ですが、全ての方にも当てはまる内容ですので、ぜひご覧いただき、ご自身の睡眠をよりよいものにしてくださいね。






このページのトップへ